仕事を辞めて司法書士試験の勉強をしたことについて

私が大学を卒業後派遣会社に勤めながら司法書士試験に受かるために勉強をしていた時期があったのですが、仕事をしながら法律の勉強をするのはとても大変でした。
私は資格の学校に通いながら勉強をしていたのですが、仕事で疲れてしまって学校に行けない時が度々あったので勉強に付いて行くことが出来ず結局合格することはできませんでした。
司法書士試験は受験科目が多いのでとても大変な上に記述式の問題もあったので、生半可な知識では太刀打ち出来ず本当に苦労しました。
司法書士試験に落ちた時にもう一年勉強するか正社員で雇ってくれる会社を見つけるかどっちにするかで迷ったのですが、思い切ってあと一年勉強をして司法書士試験合格を目指すことにしました。
これは私にとっては大きな賭けで本当に大丈夫か自分でも心配したのですが、仕事を辞めて一日中勉強することが可能になったことで成績はかなり上がりました。
そして集中して勉強することが出来たこともあり何とか合格することが出来たので、仕事を辞めて勉強に集中することにして正解だったと思っています。